ホーム > 月刊コラム

月刊コラム

2010年8月号

2010年8月号

ウエルビーコラム 2010年8月号

「単純」という危うさ
だからコンサルタントは嫌われる

こんなアメリカンジョークがあります。
牧場で羊の面倒をみていた羊飼いのところに 高級車に乗った1人の男がやってきた。 そして 羊飼いに提案を持ちかけた。 「おたくの群れに羊が何頭いるか当てたら 1頭もらえるかな?」羊飼いは その交換条件を呑んだ。「キミの羊の数は126頭さ」 と男は言った。羊飼いは「正解だ。1頭持ってきな。でも あんたの職業を言い当てたら返してくれるかね?」男はOKした。羊飼いは 「あんたの職業は コンサルタントだろ?」 男は 顔が真っ青になり「どうしてわかったんだ?」 「だって 人が知っている事をわざわざ教えようとするし しかもそれでお金をとっていくからさ」

ことほど左様に コンサルタントという職業には 悪いイメージがつきまとっています。
私自身も おかげさまで このごろ ようやく少しは認知していただけるようになってきましたが「介護や福祉のマネジメントをコンサルティングする」など想像もできなかった11年前には うさんくさそうな目で見られることが日常茶飯事でした。 
官僚や弁護士・ジャーナリストそして経営者からも 身分を明かしただけで すげない態度をとられた経験も 数えきれないほどです。

最近「不動産コンサルタント」や「金融コンサルタント」などと名乗りながら 実態を伴わない企業や個人が違法行為を行う例が目立つことや「○○コンサルタント」など怪しい肩書きが乱立しているのも事実です。
しかし「客観的に現状を観察して現象を認識し 問題点を指摘 原因を分析し 対策案を示して企業の発展を助ける」というコンサルティングの専門性は この業界の成長に不可欠だというのも真実です。

「決めつけ」や「レッテル貼り」は 単純化によって自己の主張を正当化する詭弁です。
「ねじれ国会」で混迷する政治でも 社会保障の審議会や検討会においても 理論を無視した「断定」が横行しています。
知見を伴わない「暴論」は 単純なゆえに 情報や専門知識を持たない人間からは「わかりやすい」「力強い」と支持されやすいという危険性が大です。

政治家や官僚・学者はじめ専門家と呼ばれる人間に必要なのは 門外漢の国民に対して 複雑な要素を丁寧に説明すること。立場の異なる反論には セオリーとエビデンスで対抗し 最終的には 受益者たる国民視点で着地点を定めることです。

経営者必読の医療・福祉・介護事業の本

お得な割安購入もあります!

                   > 詳しくはこちら