ホーム > 月刊コラム

月刊コラム

月刊コラム

  • 2022年8月号 >

    ヘルスケアを俯瞰するための4冊 ピケティ、シラー、メイヤロフそしてハイデガー 医療や介護の現場に関わっている方々は、夏休みといっても長期間の取得は難しいかもしれませんが、コロナ感染の拡大を受けて旅行や帰省をあきらめ涼しい […]

  • 2022年7月号 >

    大谷翔平選手が介護事業を救う!? 業界に必要なフライボール革命 今シーズンのメジャーリーグ(MLB)も大谷翔平選手の投打にわたる活躍で目が離せませんが、大谷選手以外にもホームラン数、飛距離を飛躍的に伸ばしているプレーヤー […]

  • 2022年6月号 >

    「日銀子会社」発言を笑えないわけ 未来に続く社会保障こそ希望 政府が昨日(5/31)公表した2022年度の「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太方針)の原案に、これまで2025年度を「堅持」とすると明記されてきた地方の基 […]

  • 2022年5月号 >

    人員基準緩和の可否を問う事業公募開始 エビデンスベースの公正な議論を 【実証のスケジュール】 厚生労働省による、テクノロジーやデータを活用した生産性向上に関する実証事業の公募が開始されました。 「令和4年度介護ロボット等 […]

  • 2022年4月号 >

    医療・介護の生産性論議の核心とは 公的価格評価検討委員会の議論から このコラムでも何度か取り上げている岸田文雄首相の「新しい資本主義」について、医療改革の視点から、二木立・日本福祉大学名誉教授が以下のような解説を行ってい […]

  • 2022年3月号 >

    違いを認め合う土壌を耕す 政治的疎外のもたらすリスク 日本生産性本部は、企業経営者や学識者などが日本の諸課題を議論する「令和国民会議」、通称「令和臨調」を発足させると発表しました。 2月28日、共同代表に就任する日本生産 […]

  • 2022年2月号 >

    人員基準の緩和議論は千載一遇 思い込みを排し現実を評価・分析 日本経済新聞の1面の「1人で4人介護可能に 政府、生産性向上へ規制緩和検討」(12/21)という見出しは、大きなハレーションを引き起こしました。 反対論には […]

  • 2022年1月号 >

    ケアする存在としての人間が創り出す社会へ 私たちは「関係」の中に存在している 新年あけましておめでとうございます。 今年の年賀状に、カルロ・ロヴェッリの(Carlo Rovelli)『世界は「関係」でできている 美しくも […]

  • 2021年12月号 >

    福祉・介護・看護職の賃上げは成長に逆行!? 私たちは、なにをめざすのか 11月19日、政府は「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」を閣議決定し、過去最大の総額55兆円余りの財政支出を発表しました。 この経済対策のねら […]

  • 2021年11月号 >

    「新しい資本主義」への期待と不安 遠大なアジェンダを突破する力 昨日、投開票が行われた第49回衆議院議員選挙は、自民党が絶対安定多数の261議席、自公両党で293議席を獲得しました。 つまり、与党が国民から信任を得たこと […]

  • 2021年10月号 >

    アマゾンがサブスクで介護サービス!? 中長期の課題に一貫して取り組む姿勢を 【Alexa Togetherのイメージ画像】 何気なくネットニュースを見ていたら「アマゾンが高齢者介護のサブスクサービスを立ち上げ」(Amaz […]

  • 2021年9月号 >

    コロナ禍が幸福度にもたらした影響は!? 他者との信頼、つながりが幸福感をもたらす 【日本のウェルビーイング実感】出典:Global Wellbeing Initiative 米国の調査会社ギャラップが、今年度から日本を対 […]

経営者必読の医療・福祉・介護事業の本

お得な割安購入もあります!

                   > 詳しくはこちら